読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【主治医が見つかる診療所】特に危険なすい臓・肺がんを早期発見できる最新の検査方法を芸能人が実施した結果

 2016年10月3日に放送された「主治医が見つかる診療所」にて

 がんの中でも特に危険なすい臓がん、肺がんを早期発見できる最新の検査方法について紹介していました

 

がんで命を落とさないための最も大切なキーワードは「早期発見」です

どんながんでも最初から進行がんという事はありません、最初は小さながんから始まります

いかに小さい時に気が付いて進行がんになる前に治療に入ることが出来るのかが重要になります

初期に見つけることが出来れば約9割のがんを治すことは可能とのこと

そこで番組では非常に手軽に体の負担がなくて受けられる最新のがん検診を紹介していました

 

数あるがんのなかでも特に危険な2つのがんについての最新検査とはどういったものなのか?詳しく解説します

 

 

 

 肺がん患者に多く見られる特徴と喫煙指数

 

 



日本で最近 急激に死亡者が増えているのが肺がんです

現在では最も死亡者数が多いのががん肺がんなんです、死亡者数は1年間で実に7万人以上というもの

肺がんは日本人にとって最も危険ながんという事になります

喫煙や大気汚染などが肺がんのリスクを上げる要因とされていますが、初期の症状があまりにないため気づいたときには進行しているケースが多いそうです

 

身を守るためには早期発見が何よりも重要。

しかし肺がんの検診といえばレントゲン検査やCTスキャンなど手間のかかるものが一般的です

しかし現在、より簡単に負担なくできる最新の肺がん検査法が開発されているんです

 

 

今回はお笑いコンビFUJIWARAの藤本さんが最新検査を行っていました

1日に1箱のタバコを吸うという藤本さんは肺がん患者に多く見られる特徴「男性」「40歳以上」「喫煙者」というのがピッタリ当てはまっていました

更に大きな原因である喫煙については喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数の数値、400以上で肺がんのリスクが急増)は440と肺がんである可能性は高くありました

 

タバコを吸っていると肺がんになるリスクは吸っていない人のおよそ5倍になります

更に他のさまざまな病気の原因にもなり喫煙者は寿命が10年短くなるともいわれています

娘が最近になって産まれた藤本さんは長生きしたいということで最新の検査に向かいます

 

 

 

息を調べるだけでがん検査ができる!!

 

 

肺がんの症状がある人はレントゲン検査やCTスキャンなどのしっかりとした検査をしなければいけませんが、肺がんがあるかどうかを調べるのには負担のない簡単な方法がお勧めとのことです

その方法というのは「息」を検査するというものでした

なんと最新の肺がん検査では息だけで肺がんがあるかないかがわかるというのです

 

人が吐く息の中には100種類以上の成分が含まれていて、その中から肺がん特有の匂い成分を高感度のセンサーで感知し分析することで肺がんかどうか診断できるといいます

この検査はもともと犬がにおいでがん患者を判定できるという事をヒントに開発されたそうです

ちなみにがんの匂いは人間には嗅ぎわけられないほど微妙なものなので、口臭が最近になってにおうという事でわかる事はないとのことでした

 

 

こちらが息でがんの有無を判別するという最新の肺がん検査器「呼気VOC検知器」です

 

 

f:id:shigotogirai:20161009203101j:plain

http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/press_release/pr2015/pr20151027/photo.jpg


まだ開発中のためこの1台しかないそうです。とっても小さい機械でした

検査方法は簡単で専用の袋に息を吹き込んで機器に接続するだけです。患者は息を吹き込むだけ、飲酒検査のように簡単にできるんですね

あとは機械が約10分かけて測定します



機械が測定した肺がんに関わる匂い成分は機械が出したいくつかの数値をもとに分析されます

そして肺がんの有無が診断されるのです

ここで注意したいのが測定は10分ほどでも分析するのにはまだ時間がかかるという点です。藤本さんの場合はスタジオで検査結果を発表ということになりました

現在更に改良を重ね2017年の実用化に向けて開発中ということで、もっと早く検査結果がその場で出るようになるといいですね

 



息を計測するだけで肺がんのチェックができる検査方法について番組主治医の意見

 

 

 

今回の検査の結果、藤本さんは肺がんの疑いはないという結果でした

息だけで肺がんの検査ができるという事で本当に簡単な検査方法、それについて番組の主治医たちは次のように感想を語っていました




姫野先生「皆さん、肺がんっていうとたばこを吸ってる藤本さんのようにね、男性の病気と皆さん思ってらっしゃるんでしょうけども実は患者さんの4分の1は女性なんですよ

その女性の大部分は非喫煙者なんです

ですから私タバコを吸わないから大丈夫って思わないで女性でもタバコを吸わない方でもきちっと検診を受けていただきたいので

そういった意味では今日の検査なんかはすごくこれから実用化されていくので気軽にぜひ受けて欲しいなと思いますね」

 

南雲先生「藤本さんに言いたいのは今回の検診で大丈夫だったからといって安心してタバコを吸っていいという事ではないんですね

アメリカで行われた禁煙運動、1970年代に始めてなんと1995年から逆Vの字に死亡率が減り始めて、それどころか肺がん以外のあらゆるがんの死亡率を20%もさげたんですよね

これが人類の英知なんですよね、だから英知がある人類だったら禁煙して頂きたい

お猿さんだったらやめなくていい」

 

今回の呼気による肺がん検査では問題なしと言われた藤本さんですが、肺がんリスクは高いのですぐにでも禁煙を始めるべきだと勧められていました

続いてもう一つの検査方法について紹介します

 

 

危険ながん「すい臓がん」の特徴

 

 


最新検査はまだまだあります。日本人の命を脅かす特に危険な2つのがん、もうひとつはすい臓がんです


数あるがんの中でもっとも5年生存率が低いのがすい臓がんです。1位がすい臓がんで男性7.9% 女性が7.5%となっています

2位の胆のうがん・胆管がんが男性23.9%、女性が21.1%と比べても非常に生存率が低い事がわかりますね

 

すい臓がんのリスクを上げる要因としては

慢性すい炎、糖尿病、過度の飲酒、喫煙、肥満、ストレスなどが挙げられています

2016年に61歳で亡くなった元横綱千代の富士、九重親方もすい臓がんでした

 

すい臓がんの生存率が低い理由は初期症状がほとんどない事が多く転移や再発をしやすい事にあります

そんな危険なすい臓がんを早期発見できる方法が最近になって発見され、最新の技術が開発されてきたといいます

そこで最新のすい臓がん検査を番組では芸能人に受けてもらい紹介していました

 

 

今回、最新のすい臓がんの検査を受けるのは女性芸人のバービーです

暴飲暴食を繰り返すバービー、さらに一日に20本タバコを吸っているそうです

バービーは肥満・過度の飲酒・喫煙・不規則な生活とすい臓がんのリスクが上がる生活習慣の全てに該当していました

すい臓がんのリスクが高いバービーは今回のすい臓がんの最新検査にはピッタリですね

 

まずバービーが検査の前に医師から忠告されたのは飲酒の量が多いこと

毎日飲むならビールは350ml、ワインならワイングラス1杯が1日のアルコール量の目安となるそうです

さらに週に2日は飲まない日を作るのも重要とのことでした

医師からすい臓がんについての情報を聞いた後に、肝心のすい臓がんの最新検査に入ります

 

 

 

すい臓がんの早期発見ができる最新検査方法

 

 

 

 

すい臓がんは見つけるのが困難ながん、外来ですぐに問診とか診察だけですい臓の病気だと当てる事はまず難しいそうです

エコー検査でもほかの臓器や脂肪などが邪魔になるため発見が困難、すい臓がんが見つかった時には進行がんとなっている可能性が多いとのこと

すい臓がんはステージⅠが

 

・大きさは2cm以下

・すい臓の内部のみにある

・リンパ節に転移がない


という条件なのですが、今回紹介するすい臓がんの最新検査方法では高確率で大きさ5mmというかなりの早期の段階で発見できることが出来るのです

 


その最新のすい臓がん検査とは胃の中からみる「超音波内視鏡検査」というものでした

超音波装置がついている特殊な内視鏡を使ってすい臓をすぐ前にある胃の中から観察

すい臓のおよそ1センチ手前にまで近づけるそうで、一般的なCTスキャンで発見できるがんは10mm程度なのに対して超音波内視鏡を使えば約5mmのすい臓がんを発見することが出来るのです

 

ということで早速すい臓がん検査を受けたバービー

まずは問診からスタート、一般的な胃カメラ検査と同様に前日の20時以降は食事や飲酒が禁止とされています


そして胃カメラのように超音波内視鏡を口から体内に入れ検査します

方法は胃カメラ検査と変わりないみたいでした

 

 

検査結果はスタジオで医師により発表されました。結果はすい臓がんの疑いはないというもの

しかし軽いすい炎を何回か繰り返していたと考えられるそうです

 

検査結果を受けて番組主治医はバービーに次のように解説します

 

「ちょっとお聞きしたいんですけども、お酒飲まれるってことでお酒飲んだ日の翌日って下痢しやすいってことないですか?

飲まない日は快便だけども飲み過ぎると翌日に下痢しやすいですよね?そういう人は慢性すい炎の可能性が高いから

すい臓っていうのは脂肪分を分解する組織なので脂肪を分解するすい液を出すんですけども、アルコールを飲むとすい液がたくさん出ると言われていまして

それが順調に出ればいいんだけどもアルコールですい臓の頭がむくんだりするとすい液が渋滞して、すい臓そのものにダメージを与えて慢性すい炎のきっかけになるんですね

 

(バービーが32歳という事を聞いて)32歳の飲み方をしてください

お酒はもちろんよくはない。

もちろんやめるべきだと思いますけど飲むにしても普通この歳だったら明くる日、下痢したりそれから夜中に嘔吐するくらいの飲み方ってのはちょっとおかしいですよね

二十歳過ぎの子がエイヤーって飲んでるのとはちょっと違いますから

 

だから30歳の飲み方、40歳の人は40歳の飲み方。少なくとも二日酔いになるようなのは酒飲みとしては恥ですよね

ですからそう考えて自分の身体の許容量を考えて飲んでください」

 

 

 

すい臓がんの疑いはなかったものの最新のすい臓検査ですい臓を酷使して炎症を起こしていた疑いが発見されていたバービー、生活改善を始めるように注意をされていました