読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

昔は太っていた美女特集「熊田曜子 編」高校時代のあだ名が「ブタゴリラ」だった熊田の痩せるきっかけと方法とは?

ダイエット

2016年11月8日に放送された「ナイナイアンサー」で

昔は太っていたけど痩せることに成功した美女特集!熊田曜子がダイエットするきっかけとダイエット方法について紹介していました

 


くびれの女王として人気を博し、バラエティー番組などで活躍。

2児の母にして、誰もが憧れる くびれを維持している熊田は、その秘けつを明かしたハウツー本がベストセラーになっています

 

 

 


しかし、そんな熊田曜子も高校時代には丸々と太っていた過去がありました

人一倍も食べて太っていた熊田曜子がダイエットをしようと思ったきっかけ、そしてどんな方法で痩せたのかを番組では詳しく紹介していました

 

 

【昔は太っていた美女特集「熊田曜子 編」 痩せるきっかけとダイエット方法】

 

 

 

高校時代、テニス部に所属していた熊田曜子

毎朝1時間、放課後にも3時間もみっちりと練習をこなし、いわゆる運動不足とは無縁の生活

なぜ太ってしまうのか?その疑問に熊田曜子は次のように答えました

 


「朝練行って、朝練が終わって、もうお弁当食べちゃうんですよね。

起きてから、夜寝るまで、1日5食は食べていて・・・

 

クッキーの中にチョコレートが入ったお菓子あるじゃないですか?

あれを鉛筆風にしてたら食べてるのばれないんじゃないかと思って、先生が黒板のほう向いたら、ぱくぱくっと食べて(笑)

授業中、何箱も食べましたね」

 

 

熊田は部活のきつい運動ではカバーしきれないほど食べる量が多かったそうです

昼食にパンを一斤も食べたり、食後のアイスがやめられなかったとのこと

動いてるから安心して食べちゃうっていうのもありますよね~、それでも食べ過ぎは厳禁です



食欲の赴くまま、ひたすら食べ続けた熊田は16歳の時に体重は60キロを超えるまでに増加

 

その結果、あだ名がブタゴリラになってしまったそうです

熊田曜子のプロフィールでは身長が164cmとなっています、16歳の時には160cmくらいでしょうか?

だとすると60kg以上あの体重は肥満体系になりそうですね

太った体形から、ブタゴリラとまで呼ばれるようになってしまった彼女を変えるきっかけになったのが憧れの先輩でした

1つ上の学年にいたもてもての先輩、実はその先輩というのは大人気イケメン俳優の綾野剛だったんです

 

 

 

 

 

熊田曜子は当時の事を

 

「私、実は、綾野剛さんと同じ高校で、私が1個後輩なんですけども、剛先輩は陸上部で、フォームもすごくきれいで、かっこいいし、運動もできたので、本当にスーパースターでしたね

もう次元が違いすぎて、自分の身分を考えなきゃっていうぐらい、本当、雲の上のような存在の人でした

自分はどんどん太っていって、見られたくはないから、自分もちゃんとしなきゃっていうのはすごい思いました」

 

と語っていました



憧れの先輩である綾野剛と天と地ほどの格差を感じた熊田曜子・・・

熊田は一体、どうやって痩せたのでしょうか?

 

 

 

【あらゆるダイエットを試して出たダイエット方法の答え】

 

 

 

痩せることを決意した熊田曜子は様々なダイエット方法を試したと語ります

 



「あらゆるダイエットやりましたね。

はやってるダイエットもやりましたし、番組の企画でもありましたし

でも結局、太ってるときに月に1回ぐらい体を壊すぐらい、ちょっと体調が悪くなったので、もうダイエットっていうのはちょっといったん置いて、健康な体になるっていうのを目標にしてみたんですよ

マッサージを始めたんですね

そうしたら、ちょっとずつ体重が減るようになって」



「私の場合は、起きたとき顔10分、この首周りのデコルテ10分で、足が太いので気になったんで、ひざ下5分5分、もも5分5分、で、夜寝る前も顔10分、デコルテ10分ってやって、それを毎日、3、4年はもう毎日必ずやってました」

 

 

いろんなダイエット方法を試して効果があったダイエット方法はマッサージだそうです。これは人によって向き不向きがあるので自分にあったダイエット方法を探すのが重要ですね

そして特筆すべきは「痩せる事ばかりに気を取られないで健康にも気を使う」という事

これは昔は太っていた美女特集で熊田曜子と一緒に取り上げられていたモデルの西山茉希も同じことを言っていました

ダイエットは続けることが大切で少しの期間だけ痩せるのではなく、生涯にわたって理想の体型を維持するという考えが重要なんですね

 

昔は太っていたけど誰もが憧れるボディーになった熊田曜子のエピソードでした