読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【健康カプセル!ゲンキの時間】カロリー制限&運動なしの「8時間ダイエット」いつも通りの生活でも1週間で効果が出た!

2016年1月10日に放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」にて

 

普段通りの食事量&運動量でも痩せることが出来る「8時間ダイエット」について紹介していました

 

 

f:id:shigotogirai:20160110231952j:plain

 

 

【8時間ダイエット】

 

・運動の必要がない

 

・食事制限もカロリー制限もなくお酒も食事の時には飲んでもいい

 

 

そんなダイエット方法があると番組では紹介していました。絶対にあるわけ無いと思っていましたが実際に番組で検証したところ驚きの成果が!!

 

今回は食事制限&カロリー制限&運動の必要がない「8時間ダイエット」について紹介します

 

 

【8時間ダイエットの詳細!食事時間も自分の生活スタイルに合わせられる】

 

 

 

 

 

 

正月太りをしてしまった方は今すぐ脂肪を落とすのが重要となります

 

気温が低いと代謝が上がりやすく冬は脂肪を落としやすく、正月についてしまったいわゆる「つきたて脂肪」は柔らかく水分が多いので代謝しやすいそうです

 

しかし長時間放置してしまうと繊維などと絡み合ってしまって落としにくい脂肪へと変化してしまうとのこと

 

そこで番組では「8時間ダイエット」をしてつきたて脂肪を取り除けるのか実験していました

 

 

 

 

・【8時間ダイエットの方法】

 

 

 

8時間ダイエットとは8時間のうちに食事を済ませるダイエット方法とのこと

 

 

朝の7時に食事を始めた人は15時、夜中の0時に食事をしたら朝の8時までが食事をしていい時間となります。人それぞれの生活スタイルに合わせて時間は設定して食事回数も自由なんです

 

 

水分は1日に2リットルと多めに取るのがポイント。特に食べることのできない16時間はカロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂取するのが重要となります

 

 

 

8時間ダイエットの方法をまとめると

 

 

・食事をする時間は1日連続8時間以内、残りの連続16時間は糖分のない水やお茶などをこまめに取る

 

・8時間以内ならどんな料理をどれだけ食べてもOK!お酒を飲むことも可能

 

・食事時間8時間&食事禁止時間16時間は何時から始めてもよく個人のライフワークに合わせられる

 

 

・早食いやドカ食いは禁物!常識の範囲内で!

 

・食物多い食材(野菜・海藻・きのこなど)を食べると16時間の食事禁止時間も乗り越えれるのでオススメ

 

 

 

8時間はいつもどおりの食事量を食べてもいいけど16時間は飲み物、しかも水やお茶だけというのは辛そうですね・・・しかし8時間で好きな食事を食べれるのに本当に痩せれるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

【8時間ダイエットを実践!1週間で本当に痩せることができるのか?】

 

 

 

 

 

 

 

今回の8時間ダイエットに挑むのは正月太りに毎年悩んでいるという女性2人(63歳・39歳)と男性(38歳)の3人

 

 

 

男性(38歳) 

 

身長 169.4cm 体重 82.5kg 腹囲 103cm 

 

内臓脂肪面積 181.7平方cm 皮下脂肪面積 261平方cm

 

 

 

女性(63歳) 

 

身長 141.1cm 体重 59.7kg 腹囲 98cm 

 

内臓脂肪面積 102.6平方cm 皮下脂肪面積 279平方cm

 

 

 

 

「内臓脂肪は男女ともに100平方cm以上あると危険」と言われているそうです。男性の方は181平方cmと大きくかけ離れてますね・・・

 

この肥満体型がたったの1週間でどのように変わるのでしょうか?

 

 

 

 

・【8時間ダイエット 初日】

 

 

男性(38)の食事は12:30にスタート

 

 

朝食 おにぎり弁当

 

昼食 ラーメン(チャーシューが3枚も!)

 

夕食 居酒屋で宴会 刺身、唐揚げ、コロッケ、ハイボール×3杯

 

 

初日のカロリーは合計約2,300カロリーでした、男性の摂取カロリーとしては平均くらいですか?ダイエット企画ということで少なめにしたのかもしれませんね

 

 

 

 

・【8時間ダイエット 2日目】

 

 

 

2日目の最初の食事は16時間何も食べていなかったのでかなりの空腹だったそうです

 

男性(38)は牛丼・漬物・味噌汁・生卵・クリームシチューと朝からガッツリと食べていました

 

16時間の空腹があるととにかく最初の一口目が美味しく感じるとのことでした

 

 

 

一方で腹囲93cmの女性(63歳)は

 

 

1日目 大判焼き

 

2日目 モチ

 

3日目 クリームパンと大福

 

5日目 アップルパイ

 

6日目 大福

 

7日目 マカロン

 

 

と食事を食べたあとのおやつは欠かさずに食べていました。「痩せる気あるのかい!!」と全国のお茶の間が突っ込んだに違いありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【8時間ダイエット1週間後の運命の計測日】

 

 

 

 

 

 

1週間の8時間ダイエットをそれぞれ行い運命の計測日。計測してみると驚くべき変化が起こっていました

 

 

 

【39歳女性】

 

 

腹囲  77cm72cm

 

体重  60kg58.7kg

 

皮下脂肪  約19%減少

 

1週間で腹囲が-5cmとなり脇腹の脂肪も見た目でだいぶ減っていました

 

 

 

 

【38歳男性】

 

 

腹囲 103cm98cm

 

体重 82.5kg80.7kg

 

内臓脂肪 181平方cm158.6平方cm 約12%減少

 

 

 

63歳の女性も無事に1週間で痩せることができていました!いつもどおりの食事ですが空腹時間を多く作ることで痩せることが出来るんですね

 

 

 

 

・【痩せるだけじゃない8時間ダイエット!健康にも良い効果が】

 

 

 

体重と皮下脂肪をたったの1週間で落とすことに成功しましたが、8時間ダイエットの効果は痩せるだけでなく健康への効果もありました

 

男性(38歳)は血圧が上153下101が上136下97、さらに肝機能も大きく良くなっていました

 

肝機能の改善は8時間以内に飲酒を制限されることで適量になって肝臓を休める時間を作ることが出来ていたとのことでした

 

 

 

 

 

 

【8時間ダイエットはどうして同じ食事量で痩せれるのか?】

 

 

 

 

 

 

食事をしない時間を16時間つくるといつもの食事&運動量でどうして痩せるのかを専門医が番組では解説していました

 

体内ではタンパク質から「消化酵素」と「代謝酵素」が作られているのですが、その働きはどちらか一方に偏りがち

 

 

食べ物が胃腸にあるとタンパク質は消化吸収に必要な消化酵素に優先的に使われるので代謝がおろそかになるそうです

 

 

そこで食べない時間を長く取ることによって胃腸を空の状態にしてタンパク質を代謝酵素を優先的に作り脂肪を燃焼させようというのが今回の8時間ダイエットの方法でした

 

空腹の時間をつくって代謝酵素をうまく利用するダイエット法なんです!

 

 8時間ダイエットを続けていけばずっと痩せていくことが可能とのことで「その人のベストな体重まで落とすことが出来る」そうです

 

 

 

 

・【8時間ダイエットの効果を上げる&続けられる方法】

 

 

 

さらに8時間ダイエットの効果を上げるのには「睡眠時間は7時間」「そしゃく回数を増やす」ことも大切になるそうです

 

 

睡眠を7時間しっかりととると食欲を抑えるレプチンが多く分泌されるそうです。寝不足だとレプチンが減少し食欲が増して過食の原因になるとのことでした

 

 

そして質の良い睡眠は一晩で300kcalの脂肪を分解する成長ホルモンを分泌するので寝ながらにした痩せれるとのこと

 

 

 

 

次にそしゃく回数ですが回数を増やすことになって満腹中枢を刺激し食べる量を抑えられるのは有名ですよね

 

さらにゆっくりとそしゃくして食べることにより食後のエネルギーを消費量が増加するという研究結果も!ひと口につき30回噛むのを目安に噛むのがよいそうですよ

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

 

 

 

今までと同じ食事量&運動量でも「8時間ダイエット」なら1週間で痩せれる、しかも続ければ自分のベスト体重になれるという企画でした

 

空腹時間をなるべく作らずに食事回数を増やしたほうが良いという認識だったので今回の16時間の空腹を作るというのは目からウロコでしたね

 

好きなものを食べれない、運動を毎日しなければいけないなどの続けられない無理なダイエットをするなら食事の時間を調整する「8時間ダイエット」を試してみては?