読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【主治医が見つかる診療所】姿勢をよくすれば若返る!自宅で「若返り筋を」鍛えられる2つのストレッチ方法!

主治医が見つかる診療所

 2016年10月3日に放送された「主治医が見つかる診療所」にて

 老けて見えるのは姿勢が悪いから!若返り筋を鍛えられる2つのストレッチで若くなる方法について詳しく解説していました

 

番組の主治医である南雲吉則 医師は現在61歳だそうです  

 

 

 

とても還暦をすぎているとは思えない若々しい姿ですねそんな南雲吉則が番組でアンチエイジングプロジェクト「10歳若返る秘訣を大公開!」と称して若返りの秘訣を紹介していました

2つの「若返り筋」を鍛えることで誰でも若返る効果があるとのこと!

自宅で簡単にできる若返り筋を鍛えるストレッチを番組では詳しく解説していました

 

 


「老けた」という言葉を聞いてイメージはどのようなものか?

まずはジェスチャーでやってみて欲しいと南雲吉則 医師腰と背中が曲がってよたよた歩くジェスチャーを想像する人がほとんどだと思うのですが

 

南雲吉則 医師は「皆さんこういうポーズですよね?こんな感じこんな感じです。こういうポーズをしている人たちは物凄くたくさんいます」と指摘

 

携帯を持って人を待っている時や携帯を見ながら歩いている時、腰や背中が曲がった老人のような恰好をしている人はよく見かけます

 

実はこの体の姿勢が物凄く年寄らせてることになるとのこと

もし今の年齢からマイナス10歳若返らせるとしたら肩甲骨を引いて合わせることが重要だそうです実際にやってみるとわかるのですが背筋が伸びて姿勢が非常に良くなります
肩甲骨と肩甲骨をぐっとこう合わせたままにして、背中丸めることはできません

南雲吉則 医師「上半身の骨盤である肩甲骨をいつもギュッと引きしめていると若々しいポーズになるだけではなくて、実際にインナーマッスルを含めてどんどん若返ってくるんですよ」

 

南雲吉則 医師は姿勢をよくするだけで若返る!ポイントは肩甲骨を引き締める事だと断言していました

 

 

 

猫背の解消こそが若返りのカギになる!「若返り筋」の2つの筋肉を鍛えれば若返る!

 

 

 

 

肩甲骨を引き締めれば若がると言われても具体的にはどうすればいいんでしょうか?

番組では同じ女性に道を歩いてもらい、姿勢が悪いパターンと姿勢が良いパターンを見比べていました

同一人物とは思えないくらい見た目の若さが違って見えます。その原因は猫背かどうかの差でした



実は肩甲骨の周りには猫背を解消する上で重要な筋肉「若返り筋」があるそうです
でもそれってどこにあるんでしょうか?


若返り筋の正体は体を起き上がらせるための2つの筋肉でした

1つは左右の肩甲骨の間にある首と肩甲骨をつなぐ、ひし形の筋肉「菱形筋」

そしてもう1つが肩甲骨とあばら骨をつなぎ止めているのこぎり型をした筋肉「前鋸筋」です

これらの筋肉は一般的に加齢とともに衰えてしまいます。ところが最近では年齢が若くてもすでに若返り筋が弱っている人が増えているんです

 

その原因はスマートフォンの普及によって、うつむきの姿勢の人が増えたこと、そして腕から先しか使わない長時間のデスクワークなどです

皆さんも気づいていないだけですでに若返り筋が衰え始めているのかも・・・?

そこで番組ではあるものを使ってすぐできる若返り筋を簡単に鍛えられるトレーニング方法を2つ紹介していました

 


・バスタオルで自然と猫背を改善する方法

 

猫背を改善するのにまず紹介するアイテムはどこの家庭でもあるバスタオルです

 

 

  • バスタオルを2枚重ねて筒状に丸める(体が硬い人は1枚から始める)
  • 丸めたバスタオルを背骨の胸椎の部分にあてて寝る
  • ヒジを床につけるイメージで腕をゆっくりと上下に動かす

 

バスタオルを丸めて首の下から腰に当てて仰向けになって寝るだけですね

この時にアゴが上を向いてしまうと十分に伸ばすことが出来ないので、アゴをしっかりと引いて首が真っすぐになるようにして行うと若返り筋に効果抜群なのでしっかりと行いましょう

腕の動かし方はウエイトリフティングのような動きでした。この動きで2つの若返り筋を同時に動かすことが出来るとのこと

 

ふだんあまり動いていない肩甲骨周りを強制的に伸ばすことで動かしやすくするストレッチ運動になります

1日に10回程度からでもOKなので根気よく続けていきましょう

 

・ストッキングで若返り筋をアップ

 

 

 

  • 床にあぐらをかいて座る
  • 膝よりも少し広めの幅でヒジを伸ばして、ゆっくりと手を上に挙げて辛い所まで左右に引っ張り背中に回す

 

あぐらをかいて座ったらヒジを曲げないように目の前でストッキングを引っ張り、引っ張ったまま腕を前後に動かす運動です

ストッキングを引っ張ったままヒザ→腰→ヒザ→・・・と繰り返しましょう

重要なのはヒジを曲げずに伸ばした状態にすること!辛いときはストッキングを長く持つのがポイントです

こうすると腕の動きに合わせて2つの若返り筋が動きます

この運動もお風呂あがりや寝る前などリラックスした状態で1日に10回程度から始めれば十分とのことでした

 

 

これらの2つの体操で若返り筋を鍛えて猫背を解消して、姿勢をきれいにし10歳の若返りを目指しましょう!!