読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【みんなの家庭の医学】歯を食いしばりが原因で両手に痛みが・・・ペットボトルも開けられないほどになってしまった女性の原因とエピソード

2016年9月27日に放送された「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて

両手を針で刺されるような痛みの原因は「歯の食いしばり」だった!!原因不明の両手の痛みに苦しんだ女性のエピソードを紹介していました

 

ひざ痛、突然襲われる頭痛、重苦しい肩こりなど全身のあらゆるところで起きる痛み・・・
皆さんも経験したことありますよね?
ある調査によると20歳以上の5人に1人以上が慢性的な痛みを抱えているといわれているそうです

 

番組スタッフが街で聞いてみると

60代女性 「腰が痛い」「診てもらったけどよくわからないって言われた」
50代女性 「足のあたりがずっと張っている、整形外科に行っても何にもならないから整骨院に行って・・・でもまだ治らない」
 と多くの方が長引く痛みを抱えていると同時に改善の方法が見つからないと訴えたのです


実は痛みを治すため病院に通っている人のなんと7割が痛みが和らいでいないと感じているといいます
病院に行ってもなかなか治らない・・・それが痛みの治療の現状なんです
今回はそんな痛みの原因の糸口を探る大特集を番組では公開していました
痛みに精通する名医が教えてくれる意外な痛みから、よくある長引く痛みまで5つの原因と対処法を番組では取り上げます

 

今回は両手の痛みについてです

症状①【人差し指に針で刺されたような痛み】

症状②【手のひらに無数の針を突き立てられたような痛み】

実際に両手の痛みで苦しみ意外な理由が発見された女性のケースを元に紹介します

 

 

【ペットボトルも開けられないほどの痛みに悩まされた女性のエピソード】

 

 

原因不明の両手の痛みに悩まされたと話すのは愛知県在住の伊藤幸子さん(58歳・仮名)

伊藤さんに最初の痛みが襲ったのは今から4年前、夕食の準備をしている時でした
包丁で切ったわけでもないのに左の人差し指の先に針で刺されたような痛みが・・・
しかし痛みは一瞬だけチクッと感じただけですぐに消えてしまったそうです


ところがそれから3日後
今度は両方の手のひらを無数の針を突き立てられたような痛みが襲ったのです
不安を覚えすぐさま近所の整形外科を受診した伊藤さん。レントゲン検査を受けました
しかし特に異常は見当たらないと診断されます


それ以降、関節リウマチなど自己免疫疾患を疑い血液検査をしたり、頚椎の異常による神経の圧迫を疑いMRI検査などを受けた伊藤さん

しかし原因はわからないまま・・・その一方で痛みはどんどん悪化
ペットボトルすらまともに握ることができないほどになってしまいました

 

 

 

【痛みの名医が解明!両手の痛みの意外な原因】

 


痛みを感じるようになってから1年
ようやくたどり着いた名医のもとで伊藤さんは痛みの本当の原因を知ることとなるのです
果たして手のひらの痛みの意外な原因とは?番組は伊藤さんご本人に話を伺うことができました

 

「痛みの原因は何だと言われたんですか?」

「歯の食いしばり・・・グッて力を入れる時に奥歯を噛むのが原因だと」
なんと手のひらの痛みの原因は奥歯の食いしばりだったんです


実は気づかないうちに奥歯を食いしばるような生活を続けていると頚椎と ろっ骨をつなぐ斜角筋と呼ばれる筋肉が常に緊張→斜角筋が徐々に硬くなってしまいます

すると斜角筋の間を通る神経の束を圧迫

その神経がつながる鎖骨や腕手に痛みを発することが出ることがあるのです

伊藤さんの場合は手につながる神経が強く圧迫されその結果、手のひらに痛みを感じたと考えられます

 


診察後伊藤さんは斜角筋をリラックスさせる運動療法を行うよう先生から指示されました

すると気になるような痛みは1か月ちょっとくらいで自然となくなっていったとのことでした

「あんなに痛かったのがこんなことで治るのかとびっくりしました」と伊藤さんは語っていました

痛みから解放されて普通の生活を取り戻した伊藤さん、よかったですね