読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【主治医が見つかる診療所】緩やかに糖質制限で脂質はたくさん摂取できる「ローカーボダイエット」10日間で3kgの減量の結果を解説

2016年5月9日に放送の「主治医が見つかる診療所」にて

 緩やかに糖質制限で脂質はたくさん摂取できる!無理なく糖質制限できる「ローカーボダイエット」について紹介していました

 

食べて満足の低炭水化物(ローカーボ)かんたんダイエット: はなこ先生の魔法のレシピ (双眼ライフ新書)

 

そんな中で番組では「安全」「簡単」「長続きする」の2つの画期的ダイエット法を紹介していました

今回紹介するのは脂肪をたくさん摂って緩やかに糖質を制限する「ローカーボダイエット」です

炭水化物を我慢する糖質ダイエットは続かない・・・なんて人にはぴったりの緩やかな糖質制限

たった10日間で3kgも痩せることができた無理のない糖質制限について紹介します

 

【糖質の代わりに脂肪を!緩やかな糖質制限「ローカーボダイエット」】

 

 

今回「ローカーボダイエット」に挑戦するのは双子芸能コンビのザ・たっち、共に33歳の男性コンビです
身長151cmの2人は適正体重は約50kg、男性で体脂肪率が25%以上は肥満なのですがダイエットをやる前の2人の体重は
 
兄が73.1kg 体脂肪率32.8% BMI32.1
弟が73.3kg 体脂肪率32.9% BMI32.1
 
とアメリカ人並みの肥満と診断されました
ザ・たっちのダイエット前の測定結果に医師たちは
「30代でこの体脂肪率の数値は確実に内臓脂肪が付いている。内臓脂肪が増えると長寿ホルモ ンと呼ばれるアディポネクチンが減っていて糖尿病・心筋梗塞・大腸がんになりやすくなる。残念ですがこのままだと長生きするのは難しい」
「BMIの数値が25を超えてると肥満、30を超えているとしっかりとした肥満。体の重みを支えているヒザ、股関節、足関節には相当負担がきてしまっている
こういう生活が続いていると30代のうちから関節障害が出てきて改善されないとひどい場合に寝たきりになってしまうかもしれない」
と忠告しました

数字通りの肥満体型のザ・たっちが挑戦するダイエット法は

何でも食べられて胃腸にも優しい「8:16時間ダイエット」

脂肪を積極的に摂る、緩やかな糖質制限「ローカーボダイエット」

というものでした

 

 「8:16時間ダイエット」についてはこちらの記事をどうぞ!

kenkoutv.hatenablog.com

たった10日間のダイエットでどこまで体重・体脂肪を減らせるのかを紹介していました

 

 

・【炭水化物(糖質)は緩やかに制限するのが長続きするポイント】

 

今回のダイエット法「ローカーボダイエット」を紹介してくれるのは愛知県名古屋市にある名古屋逓信病院の中村了医師

自らも減量に成功した中村医師らが考案した方法で糖尿病、高血圧予防に効果があると勧めていて全国各地の病院でも紹介しているところが増えているそうです

 

気になる「ローカーボダイエット」の内容は「ローカーボ食」にするというもので、炭水化物(カーボハイドレート)を緩やかに制限(ロー)するという意味です

毎日の食事に欠かせない米・パン・麺類などの炭水化物(糖質)を完全に抜いてしまうという質制限は効果があっても辛く途中で挫折する人も多いですよね

炭水化物は太りやすく悪いものとするのではなく適切に調整することで安全で長続きすることを優先した方法です

ローカーボ食で食べてもOKの食材は牛・豚・鶏などの肉類は糖質をほぼ含まないため何を食べてもOK。他にも魚介類・海藻類・魚卵・大豆製品・キノコ類・卵は食べても良いとのことでした

 

 

・【糖質を制限する代わりに脂は積極的に摂る】

 

そしてローカーボダイエットで注目すべきはダイエットの大敵と言われる油、脂肪の摂取をしても良いということ

脂肪分は細胞やホルモンの材料や体を動かすエネルギー源になる重要な栄養素と最近では考えられています

 

炭水化物(糖質)を抜くだけではエネルギーが不足してしまいストレスになってしまうので糖質を抜く代わりに動物性・植物性・魚とそれぞれの脂をバランスよく積極的に摂取する事が重要になるとのこと

唐揚げや油炒めなどはどんどん食べてもらっていいそうです

ただ唐揚げは衣のパン粉や小麦粉が炭水化物なので素揚げか衣の薄い唐揚げにするのがポイントとのことでした

 

ローカーボダイエットについて番組に出演した医師は

「糖質制限は緩やかにしていくのがポイントで糖質を1日2食は摂っていいから1食抜くから始めて、次は1日1食だけ糖質を摂るなど段々と減らしていくのが良い

すると体は慣れてくるので糖質をエネルギーに変えずに脂肪をエネルギーに変えていく回路に変わっていくんですね。それを3週間くらいかけてゆっくりとやっていくと成功するんです

普通の食事でただ主食だけを抜くと完全に栄養失調になってしまうので、糖質制限を下代わりに何を摂るかをきっちりと抑えておかないと糖質制限は上手くいかないですね

ローカーボダイエットではその意味で脂というのが出てきた」

と語りました

 

 

・【ローカーボダイエットを10日間続けた結果】

 

今回「ローカーボダイエット」に挑戦するお笑いコンビ「ザ・たっち」のたくや。やり方は1日2食の炭水化物を制限する方法で1食は自由に食べられるという方法でした

 

1日目は主食を食べない分だけおかずを増やして食べていました

朝食 チキンサラダ 無糖ヨーグルト

昼食 純豆腐チゲ定食(炭水化物)

夕食 衣の薄い唐揚げ・湯葉と小松菜のお浸し・ごぼうサラダ・アジの開き
 
炭水化物を抜く食事の時には油物はパン粉や小麦粉が多く使っていないか、そして糖質が比較的多い砂糖・ハチミツ・みりん・ポン酢・ケチャップ・ソースなどが多く含まれていないかを注意するようにしていました
ローカーボ食でも食べても良い糖質が少ない調味料の塩・醤油・酢・マヨネーズなどを選ぶようにしましょう

 

2日目は

 

朝食 焼き鮭・納豆・チキンサラダ・ヨーグルト

昼食 ロケ先で出された薬膳弁当(炭水化物)

夕食 唐揚げ・チキンサラダ

 

チキンサラダを食べる時に気になるのがドレッシングの糖質です。なるべく糖質が低いゴマドレッシングを使っていましたが糖質が少なめなら色んなドレッシングで味を変えても良いそうです

 

 

3日目

 

朝食 ホッケの干物・チキンサラダ・味噌汁

昼食 焼き鮭弁当(炭水化物)

夕食 居酒屋で炭水化物がないものをつまみ食い

 

お酒を飲んでも良いローカーボダイエットですが糖質をほぼ含まない焼酎・ウイスキー・ウォッカを飲むのがお勧めで逆に糖質が多いビール・日本酒・ワインは控えるようにしたほうが良いそうです

 
10日間を1日に1食だけを炭水化物を摂るようにした「ザ・たっち」のたくや。炭水化物は10日間のうち9日間は昼食に摂取していました
「ローカーボダイエット」を10日間続けた結果、体はどのように変化したのか・・・気になる結果はこちらです

 体重   73.1kg⇒70.1kg(-3.0kg)
 
体脂肪率 32.8% ⇒30.8%(-2.0%)
 
 
そして気になる血液検査の結果は
 
LDL悪玉コレステロール 119⇒128
 
HDL善玉コレステロール 53⇒49
 
LH比          2.2⇒2.6
 
中性脂肪        140⇒76
 
 
血液検査結果ではコレステロール値・LH比は良くならなかったのですが、中性脂肪は大幅に改善しました
番組に出演した医師は
「10日間で3kgのダイエットは大成功。ただLH比は悪くなってしまってます
脂は動物性・植物性・魚と3種類あるのですがバランスよくいっぱい摂ったほうが良いです
動物性に偏っていたので今後もローカボダイエットを続けるなら動物性・植物性・魚のバランスを考えたほうが良い」
と語りました

 

炭水化物を1日に1食にすることで緩やかな糖質制限、そして糖質の代わりに脂質を多く食べることができる「ローカーボダイエット」でした

10日間で3kgも痩せれるというのはすごいですね。ただコレステロール値が今回の実験では良い結果にはならなかったのでそこだけは油物や肉に偏らずに魚、植物性の脂質もバランスよく摂るようにすれば完璧かと思います

続かない糖質制限ではなく長く続けられて体に負担のない「ローカーボダイエット」をぜひお試し下さい