読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【主治医が見つかる診療所】時間が経てば消える手の痺れを放置していたら歩行困難にまで!手の痺れが初期症状の恐ろしい病気とは?

2016年2月22日に放送の「主治医が見つかる診療所」にて

手足の痺れはそのうち治ると放置すると大変なことに!初期症状の手の痺れを放置して歩けなくなってしまった女性のエピソードと病名について解説していました

f:id:shigotogirai:20160306211031j:plain

東京都に住むピアノ教師のAさん女性(58歳)

Aさんは2年前の56歳の時に手の痺れでピアノが弾けなくなりました。鍵盤を押すだけで手にビリビリと痛みが走るようになったのです

しびれをずっと我慢したことで最終的には杖がなければ歩けない状態にまで・・・

Aさんの体に何が起こったのか?誰でもなる可能性がある手足のしびれの初期症状がある歩けなくなってしまう恐ろしい病気について紹介します

ちなみに番組では足の痺れについての紹介もしていました、気になる方はどうぞ!

kenkoutv.hatenablog.com

 【痺れても少し時間が経てば治る!痺れをそのまま放置していたら・・・】

 

 

異変が起きたのは2年前の家事をしていた時です、両手にビリビリと電気が走るような痺れが出るようになります

しかし痺れは少し時間が経てば消えるのでAさんは深刻には考えませんでした

実はAさんには手の痺れに思い当たる節がありました。45歳の時に椎間板ヘルニアをやったことがあり、その時に足が痺れたのですが半年間の通院で治りました

椎間板ヘルニアは腰骨の中にある椎間板が何らかの原因で突き出て神経を刺激、腰や足に痺れや痛みを感じる病気です

その椎間板ヘルニアの影響が今回は手にも起きたのかなと考えたそうです

 

痺れが始まってから1ヶ月後には痺れは治まるところか1日中現れるようになります。そしてその範囲は手だけでなく足にまで広がり始めました

ついにはピアノを弾くことも難しくなったAさん

その頃には手の感覚が麻痺してしまい洗濯物を干す時に洗濯物が濡れているか乾いているかもわからなくなっていました

そして冷たいものに触るとビリビリとして痺れが強くなる症状があらわれます。冷蔵庫で冷やした肉を切るとき、電車のつり革の金属の部分などを触るとビリビリとするのです

さすがに椎間板ヘルニアではないと思ったAさん、しかし痺れるだけで手も足も動くので生活ができなくなるほどの痛みもなかったので我慢してしまったのです

 

 

【最初の手の痺れから3か月後には歩行困難に!】

 

 

最初の手の痺れから3か月、両足のくるぶしからつま先までと両手の右小指を除いた9本の指が痺れるようになりました

ついには杖がなければ歩けなくなるまでになってしまいました

 

Aさんは整形外科に行ってMRI検査を受けます、そしてすぐに痺れの原因が判明しました

病名は「頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)」でした。痺れの原因は腰ではなく首にあったのです

この病気は首の骨や軟骨の変形で脊髄が圧迫されて神経が細くなってしまい痺れやマヒなどを引き起こすものでした

 

主な原因は加齢によるもので誰にでも起こるものです。年齢が上がれば上がるほど脊髄症状を持つ患者は増えていき50歳以上からは急激に増えていくそうです

頭は意外に重く首の骨には年齢を重ねた分だけ負担がかかり変形しやすくなってしまいます

そして恐ろしい特徴は痺れの奥で徐々に進行する事が多く悪化すると完治するのが困難になるのです。長い期間 圧迫されて神経がひどく損傷すると手術しても感覚は元に戻らなくなってしまうそうです

手遅れになると手が使えずにご飯が自分で食べれない、歩けなくなり寝たきりになる人もいるとのこと

 

 

Aさんは変形をした首の骨を広げる手術でピアノを弾けるようになり歩けるまで回復しましたが左手には軽い痺れがまだ残っているとのことでした

もう少し早く病院へ行っていればと悔しそうに語っていました

早期発見が重要なのですが痺れの場合は痛みと違い特に軽いうちは病院に行こうとは多くの人が思わないそうです

特に高齢の方は「年だから少しぐらい痺れても仕方ない」と年のせいにして病院に行かないようになってしまうそうでした

 

 

【痺れを見過ごすと歩けなくなる「頚椎症性脊髄症」の簡単チェック法】

 

 

頚椎症性脊髄症を自分で簡単にチェックする方法を番組では紹介していました

座って片方の手を前に出し素早く握って開くを繰り返す。10秒間に20回以上出来れば安心です

左右の手で10秒ずつ行い回数の少なかったほうが20回以上なら問題ないとのこと

完全にを指を開いてしっかりと握るようにしましょう。中途半端に開くのはNGです

出演者の多くが30回以上をクリアしていたので20回以下になるというのは結構危ない状況かもしれません

 

そして首の骨の変形をチェックする方法も番組では紹介していました

座った状態で首をゆっくりと後ろに反らした時に手や足が痺れた場合は神経が圧迫されている可能性があるそうです

頚椎症性脊髄症で現れる症状の一部には

・ボタンがはめにくくなる

・字がうまく書けなくなる

・箸が上手に使えなくなる

など初期の痺れの可能性があるので注意して欲しいとのことでした

 

 

【まとめ】

 

 

首の骨が加齢とともに変形してしまい痺れやマヒが初期症状として起こる「頚椎症性脊髄症」は放置してしまうと歩けなくなるなどの重大な問題が起こってしまうという情報でした

手や足が少し痺れる時は放置せずに2~3日続くようなら病院へ行くことが大切と番組では医師が語っていました

痛みはすぐに病院へ行くけど痺れは高齢のせいにして放置してしまう人が多いそうなので油断せずに病院へ行くようにしましょう