読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【駆け込みドクター!】老眼鏡を使うとより老眼になるは間違った情報!老眼予防になる「100円メガネ療法」とは?

2016年2月7日に放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」にて

 

老眼鏡を使うと老眼がより進行するという情報は間違い!100円ショップの老眼鏡で出来る老眼予防&眼精疲労対策について紹介しました

 

f:id:shigotogirai:20160213210121j:plain

 

「老眼鏡をかけると老眼がより進んでしまう」と間違った知識を覚えている人は40%もいるそうです

むしろ老眼鏡を使わないと逆に老眼が進んでしまうという事実を番組では紹介していました

さらに老眼予防になる「100円メガネ療法」についても詳しく解説していました。老眼だけでなく眼精疲労にも効く療法なので必見ですよ

【老眼鏡を使わないと老眼が進む!老眼予防の「100円メガネ療法」】

 

 

 

 

老眼鏡をかけるとより老眼になるというのは間違った情報だと番組で医師が語っていました

「老眼鏡をかけないほうが老眼が進む」のが正しい知識。老眼が始まっているのに老眼鏡をかけないでいると余計に目が疲れてしまって目の老化が進行してしまうとのこと

 

老眼は40代以降に始まると言われていますが進行を遅らせる方法は色々あると番組では以下の方法を紹介していました

 

 

・【老眼を遅らせる効果が期待される「100円メガネ療法」】

 

 

老眼とは年をとるに従って近くのものが見えにくくなる状態のことをいいます

誰でも老眼にはなるのですが老眼の進行を遅らせると期待されている対策を番組では紹介していました

 

その対策法は「100円メガネ療法」というもの。100円ショップなどで売られている低価格の老眼鏡を使えば老眼の予防になるんです

 

方法はいたって簡単で

・老眼鏡をかけて3mほど先を見る

・この時にぼんやりとした視界でぼんやりと眺め続ける

・1日に5分ほどでOK

これだけです、ぼんやりと何かを見てればいいだけですね。番組ではフルーツの盛り合わせを見ていました。絵を描く感じで見てればいいんでしょうか?

必死にしっかりと見ようとすると筋肉が働いてしまうため逆効果になってしまうのでぼんやりと見ましょう

老眼鏡を選ぶポイントはピントの合っていないのが重要です、ぼんやり見るのが大切ですので自分が見づらいと思う老眼鏡を選びましょう

 

老眼鏡を使い遠くを見ると視界がぼやけてしまいますが、これはピントを調整する筋肉が緩んだ状態になるためです

老眼鏡を使って強制的に筋肉を緩めると眼球のコリがほぐれるとのことでした

老眼ではない人でも眼精疲労を和らげる効果が期待できるそうです。たった100円の老眼鏡で老眼予防にも眼精疲労の対策にもなるならお得ですね

 

 

 

【まとめ】

 

 

 

老眼鏡をかけると老眼がより進行してしまうのは間違いで逆に使わずに無理をすると老眼が進行してしまうとの事実でした

100円の老眼鏡であえてピントがずれた状態でぼんやりと何かを見ることによって老眼を遅らせる効果があるというのは役立つ情報でしたね

たった100円の老眼鏡が重宝するとのことなので老眼予防をしたい人、眼精疲労に悩んでいる人はぜひ「100円メガネ療法」をお試し下さい