読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで紹介された健康・美容のまとめ

テレビで紹介された健康、美容に関する知識や情報をまとめます

スポンサードリンク

【みんなの家庭の医学】心不全の原因は鉄分不足だった!?鉄分を簡単に摂取できて飽きることのない「常備菜」のレシピ

1月12日に放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて

 

心不全になる原因は鉄分不足だった!?新たな事実と鉄分不足を簡単に解決できる「常備菜」について紹介していました

 

f:id:shigotogirai:20160118033800j:plain

 

心臓の働きが衰えることによって起こる心不全、今 心不全の一歩手前である「心不全予備軍」の人が急増中でその原因が鉄分不足ではないかと考えられているそうです

 

鉄分不足が心機能を衰える原因になるのかの実験、鉄分不足を改善したら心機能はアップするのかについて番組では解説していました

 

 

【心不全の一歩手前状態の人が急増中の理由は鉄分不足?】

 

 

 

 

私たちの体に血液を送る働きをする心臓

心臓は1日に何回 鼓動しているのかをご存知ですか?その数なんと約10万回!片時も休まず鼓動し続けて80歳までに約29億回も鼓動していることになるんです

これだけ働き続ければ年を重ねると心臓の機能が衰えてしまうのも納得ですね

 

心臓の機能が異常に衰えると左心室が十分に拡張・収縮できないため十分な血液を全身に送り出せない「心不全」と呼ばれる状態になります

心不全になってしまうと少し階段を上っただけでも息切れをしたり、疲れやすいという症状が出るようになってしまいます

今は知らず知らずのうちにこのような心不全一歩手前の状態、「心不全予備軍」が激増中とのこと

その原因が心臓に必要なエネルギー源となる鉄分の栄養素が足りてないのではないかというのが有力な説とのことでした

 

 

 

鉄分の役割といえば「血液中で酸素を全身に運ぶ」「「全身の筋肉を動かすエネルギー源」ですが最近では心臓にとっても重要な役割を果たしているとわかってきたそうです

鉄分が不足すると筋肉は動きませんが心臓は筋肉の塊なので鉄分が不足すると動きが悪くなる・・・それが今増えている心不全増加の原因ではないかと考えられています

 

 

 

【鉄分が足りていないと心機能は衰えてしまうのか?】

 

 

 

 

本当に鉄分不足のせいで心不全の一歩手前の「心不全予備軍」になっているのかを番組では実験していました

65歳以上の健康習慣も食生活も様々な男女に集まってもらい鉄分の量を測定。鉄分の栄養素の基準値よりも高い人が4人、低い人が4人とわかったとこで実験を開始!

 

心機能を調べるために行ったのは「6分間歩行テスト」6分間でどれくらいの距離を歩くことができるかで心臓の機能を判定する実際の医療現場でも広く使われているテストでした

各年代の平均値の距離と比較し鉄分が基準値よりも高い人と低い人がどのような結果になったのかを調査したところ驚愕の事実が・・・

 

鉄分が基準値よりも高かったグループは平均以上の距離を歩けた人が4人中3人、残りの1人もわずか3mほど足りなかっただけだったのに対して

鉄分が基準値よりも低かったグループは平均以上の距離を歩けた人は4人中1人だけでした

実験の結果は明らかに心機能の差が出ましたね

 

 

 

 

【食事で鉄分を摂取すれば心機能を改善できるのか?】

 

 

 

 

1度衰えた心機能は薬による治療ですら症状をおさえる事は出来ても改善することは困難というのがこれまでの医学会の常識でした

しかしそんな不安を覆す衰えた心臓の機能を改善させる画期的な研究結果がつい最近発表されたのです

 

心臓の動きが悪い心不全、しかも息切れとかの症状のある人300人に鉄分を1年間 注射で投与したところ新機能が劇的に改善したとのことでした

研究では鉄分を注射で投与しましたが食事から鉄分を摂取することも十分可能で、レバー・赤身肉・ハツ等に多く含まれているのでおすすめとのことでした

加齢とともに肉類の摂取が減るのも鉄分不足の原因のひとつ、積極的に鉄分を摂取するように心がけましょう

 

 

 

・【鉄分を食事から摂取することで心機能はどれくらいアップするのか?】

 

 

番組では実際に鉄分を摂取するとどれくらい心機能がアップするかを実験していました。その期間はたったの10日間、食事だけでしかも10日という短い期間で効果が出るとなればぜひ挑戦してみたいですよね

 

今回の実験に協力してくれるのは体内の鉄分量が基準値100の半分以下の32.4だった68歳の女性の方

前述の研究で心機能を良くするために1日に注射で投与されていた鉄分は約10mg。というわけで1日に10mg以上の鉄分を食事で摂取してもらうこと

しか約10mgの鉄分といえば豚レバー77g(レバニラ炒め1人前)、ほうれん草のおひたし14皿も必要です

 

 

そんな摂取の難しい鉄分を簡単に取る方法として考えられたのが「常備菜」

番組で作っていたのは「切干大根と油揚げのゴマ和え」レシピ(3日分)はこちら

 

油揚げ 200g

えのきだけ 400g

切干大根 60g

かつお節 20g

すりごま 大さじ8

みりん  大さじ4

酢    大さじ4

しょうが  2かけ

しょう油 大さじ4

水    100cc

 

切干大根を選んだのは鉄分の多さだけでなく食感や味に変化をつけやすく飽きさせないため

切干大根は水で戻さずにさっと洗うことで旨味や栄養素が流れ出ないのがポイント。少し固いままの切干大根はキッチンハサミでカットでOK、全体を切り終えたら水(100cc)につけておくだけです

 

 

油揚げから出る油だけで油揚げをフライパンで焼きその後にえのき茸を炒めます。調味料を入れて切干大根はあまり炒めずに食感を残したら火を止めて生姜、かつお節、すりゴマを振りかければ常備菜の完成です

この「切干大根と油揚げのゴマ和え」一食あたり140g、小皿1杯を3食 食べれば1日の目標である鉄分約10mgを摂取することができます

 

 

 

 

・【「切干大根と油揚げのゴマ和え」は様々料理に加えても美味しい】

 

 

飽きづらい食材といえども毎日小皿で食べるのは飽きてしまいますよね?そこで常備菜をベースに簡単に様々な料理を作れる方法も番組では紹介していました

 

・うどん+常備菜+水溶き片栗粉であんかけうどん

・小松菜+常備菜で小松菜のおひたし(ポン酢醤油はお好みで)

・食パン+ケチャップ+チーズ+常備菜を焼けばチーズトースト

・きゅうり+プチトマト+はちみつ+レモン汁+オリーブ油+常備菜でイタリアンサラダ(レモン汁は鉄分の吸収を助ける)

 

・麺+牛肉+常備菜で牛肉オイスター焼きそば

・溶き卵+青ネギ+常備菜で特性卵焼き

・ソーセージ+ピーマン+ケチャップ+常備菜でケチャップ炒め

 

 

とにかくどんな料理にも合う常備菜、混ぜるだけで鉄分がしっかりと摂取できるので簡単に鉄分不足は解決ですね

 

 

 

・【10日間「常備菜」で鉄分を摂取した結果】

 

 

 

常備菜で毎日10mg以上の鉄分を摂取し続けて10日後、身体に蓄えられている鉄分量は基準値100のところ32.4しかなかったのですが血液検査の結果は69.2までアップしていました!

基準値にはまだ足りませんがこれだけ鉄分量を蓄えることができるのであれば鉄分によって心機能の改善も期待できますね

 

前回の「6分間歩行テスト」をまた行ったところ、前回は呼吸が乱れて基準値に達成しなかったのに対して今回は息切れすることもなく基準値を超えることに成功していました

鉄分不足の改善がこの結果につながったと言えそうですね

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

 

 

 

心不全の原因は鉄分の不足が原因という有力な説、鉄分を簡単に摂取できる常備菜の情報でした

鉄分を簡単に摂取することができる常備菜は特に役立つ情報でしたね、何にでも合わせることができるし簡単なのが最高です

心機能をアップさせるためにも鉄分はしっかりと摂るようにしましょう